【ゲーミングPC】GALLERIA XA7C-R36T 実機レビュー

ガレリア レビュー
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

どうも、ホイウェインです。

ドスパラで販売している「GALLERIA XA7C-R36T」を購入しましたので、

「GALLERIA XA7C-R36T」の魅力や実際に使ってみてのレビューをしていきたいと思います。

GALLERIA XA7C-R36T

現在ドスパラでゲーミングデスクトップPCのおすすめランキングTOP

人気のゲーミングデスクトップPCです。

おすすめポイント
  • 音が静か
  • 高推奨スペックのゲームが快適・マルチタスク可能
  • 最大60回の分割払い(最大72600円の手数料が無料)が可能
  • 値段は200,000円ちょっとでハイエンドの構成が組める

音が静か

こういったゲーミングPCは冷却ファンという部品がありますが、機種によってはファンの回転音が大きいものもあります。

それが深夜でパソコンを使っている時に騒音になったりするのですが

こちらのXA7C-R36Tの冷却ファンはしっかり動いていてもほとんど音がしません。

冷却ファンとは?

PC内部の熱を冷やすための扇風機のような装置です。

最新のゲームを最高の状態でプレイ可能

GALLERIA XA7C-R36TはCPU「Corei7-12700」を搭載し、

ゲームや3Dモデリングに重要なグラフィックボードはNVIDIAの「GeForce RTX 3060ti 8GB」を

搭載しています。

FPSやTPSで高いFPSで遊びたい方や最新ゲームを楽しみたい方におすすめです。

筆者がプレイしているゲーム
  • 原神
  • テイルズオブアライズ
  • ENDER LILIES
  • CODE VEIN
  • テイルズオブヴェスペリア リマスター

最大60回の分割払い(最大72600円の手数料が無料)が可能

ドスパラは、分割払いで一定回数の支払いまで手数料をドスパラが全額負担するというサービスを行っています。

GALLERIA XA7C-R36Tは220,000円と一括で支払うにはなかなか厳しい価格ですので、

分割払いを選んで、最大60回払いまで手数料を無料(月々3,600円(税込み))で支払うという選択肢も選べます。

通常だと1~30回払いで手数料は2%~19.00%、

60回だと手数料は33%なので、

最大60回の場合の手数料は72600円とかなりの金額がかかります。

これらが無料となるのはかなり大きいです。

スタートアップが約10秒と早い

とにかく起動が早いです。スタートアップボタンを押して立ち上げたら10秒ほどでパソコン自体を動かすことができます。

モデルによっては1分とかかるものもあるので

これは毎回起動するのにストレスが溜まりません。

ドスパラにした理由

今回購入したPC

今回購入したPCはドスパラというメーカーさんのBTOパソコンで「GALLERIA XA7C-R36T」というモデルを購入しました。

  • 出荷が早い
  • 一番コスパ良しで高性能なPCが組める
  • 一番家から近いお店

近所にお店があるとトラブルが起こった時などに

直接話ができたり、持ち込みもできるし安心です。

XA7C-R36Tを使ってみて感想

高推奨のゲームが快適にできる

筆者がインストールしているゲームは、今のところ最高画質でプレイして遅延もラグもないです。

OSWindows11 Home 64ビット
CPUCorei7-12700
グラフィックスGeforce RTX 3060 Ti 8GB
メモリ16GB(カスタマイズ可)
ストレージ1TB SSD(カスタマイズ可)
価格224,980円(税込)
XA7C-R36Tの基本構成

快適にプレイできています。

フロム・ソフトウェアの大人気オープンワールドゲーム

「ELDEN RING」も推奨スペックを満たしています。

購入してプレイしたい!

マルチタスクでも動作が軽い

Photoshopを動かしながらCLIP STUDIO PAINTを動かしても余裕があります。

ちなみに上記のソフトを動かしながら、合間に「ゲームしようかなー」と思ってアプリケーションを起動したままでも快適にゲームができます。

PS5を超える性能

PS5のスペックはこの内容だそうです

PS5XA7C-R36T
CPU8コア16スレッド12コア20スレッド
周波数最大3.5GHz最大4.90GHz
コア・スレッド・周波数とは?

コアとはCPUの処理を行うところで、コア数が多くなると同時で処理できる作業増えます。

スレッドとはコアがこなせる作業数で、どちらも数が多ければ多いほど処理速度は速くなります。

周波数はCPUが処理を行う際に発する信号の速さで、現在は周波数が3.0GHzが一般的のようです。

XA7C-R36Tの方がPS5を上回っているということです。

このPCがあればほとんどのことができる

XA7C-R36Tは一台あるだけで、映像編集・画像編集・3Dモデリングはもちろん、実況配信もできると思います。

実況配信はまだやっていませんが、今のところ使っていて不自由はしていません。

買う前に注意する点

パソコン本体のみ

こちらはパソコン本体のみでモニター・キーボード・マウスといった周辺機器は最初はついていません。

カスタマイズ見積でこちらのオプションを追加するか、Amazonか家電量販店などで自分好みのを購入することになります。

置き場所の確保

BTOパソコンは高性能になればなるほど、筐体のサイズが大きくなるようです。

なので置き場所を考えて部屋にスペースを空けるとかした方が良いと思います。

BTOパソコンは転倒する危険もあるのでPCラックを買っておいた方が安全です。

高リフレッシュレートのモニターが必要

高スペックのPCを買っても、表示するモニターのリフレッシュレートが低かったらFPS(ファーストパーソンシューティング)といった縦横無尽に動き回るゲームも楽しめません。

表示処理が遅く画面がちらついてストレスを感じるからです。

FPSゲームを楽しみたい!と思ったら

144Hz対応といったゲーミングモニターを購入することも視野に入れておきましょう。

リフレッシュレートとは?

1秒間にモニターが何枚の画像を表示できるかの数値で

60hz→約0.016秒で画像が切り替わる

144Hz→約0.007秒で画像が切り替わる

240Hz→約0.004秒で画像が切り替わる

といった感じで画像の切り替わる時間が変わってきます。

筆者がおすすめする用途別のモニター

ビジネス系はEizo Flexscan ev2451

筆者が愛用しているモニターです。

日本メーカーの大手、EIZOさんが発売しているFlexscanシリーズのモニターです。

こちらのモニターはEIZO製品はほとんどの製品が画面の色が良く、グラフィックもきれいに映りますがこちらは自動調光機能付きで目に優しいモニターです。

値段は約60,000円と一般的なモニターと比べたらやや高い値段ですが

無償保証期間5年と長く、長時間パソコンを使って仕事をする方やデザイン業務をメインに行う方に向いています。

ゲーム系はLG ゲーミングモニター 27GP95R-B

コスパの良いモニターを発売しているLGのゲーミングモニターです。

画質が4K(3840×2160)と極めて細かいグラフィックを表示することができてリフレッシュレートも144Hzと高い数値であり、高解像度のFPS、TPSゲームをやりたい方におすすめのモニターです。

4K・144HZモニターとなると100,000円以上の値段がつくモニターがほとんどで、こちらはAmazonで100,000円を切っているのでお求めやすいモニターとなっています。

著者プロフィール
この記事の作者

IT企業勤務勤続6年目。
気になることや生きていくために興味のあることを
不定期で紹介していきます。
ガジェットオタク。

ホイウェインをフォローする
レビュー
ZATU-LIFE

コメント