最強左手デバイス【Loupedeck CT】はCLIP STUDIO PAINT(クリスタ)でイラスト制作に使える?

最強左手デバイス【Loupedeck CT】はCLIP STUDIO PAINT(クリスタ)でイラスト制作に使える? レビュー
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

デジタルでイラストを作る際に作業効率アップのための必須アイテム「左手デバイス」。

Photoshopは世界的にメジャーなソフトなので、大体の左手デバイスは公式で対応していますが、CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)は日本製なので対応していない物もあったりします。

Loupdedeck CTも公式サイトではクリスタに対応していると明記はしていません。

なのでLoupedeck CTでクリスタが使えるかどうか、レビューしたいと思います。

結論・Loupedeck CTでクリスタは使える。

Loupedeck CTクリスタのプロファイル

結論を言うと、Loupedeck CTでクリスタは使えます。

対応していないのは公式のプラグインがないだけで、ショートカットを登録することは可能です。
またアプリケーションの実行ファイルを指定すれば、クリスタが起動するとすぐにプロファイルを実行してくれます。

公式でクリスタのプロファイル(ショートカットキー一覧)が配布されているのでこちらをダウンロードすればLoupedeck CTでクリスタが使えます。

公式対応しているPhotoshopと対応していないクリスタの違い

公式対応と明記しているPhotoshopとクリスタのLoupedeck CT上の使用感の違いは、特にこれといってなかったです。

強いて言うなら、Photoshopはプラグイン側でレイヤーの不透明度やレイヤーモードの変更をツマミやホイールなどで切り替えられるといったところでしょうか。

クリスタはプラグインがないのでレイヤー側の細かい操作はマウス操作で行うなどちょっと手間がかかりますが、使えないわけではないので別に問題はないです。

クリスタでの使用感は

クリスタでの使用感は、公式から配布されているプロファイルを読み込めば
あとは自分が押しやすいタッチパネルやホイールパネルにペタペタとショートカットキーを割り当てるだけで使えます。

筆者はホイールパネルにブラシと消しゴムと頻繁に使う手のひらツール、
最近重宝するようになった色混ぜツールを割り当てています。

色混ぜツールは、ブラシで着色した時のムラをなくすという場面でよくやっています。
筆者は厚塗りでイラストを制作するので色混ぜツールはなくてはならないツールです。

Loupedeck CTのメリット

左手デバイスの中で一番カスタマイズ性が高い

ソフトウェアが安定している

タッチパネルとホイールパネルが優秀

ボタンとパネルの数が多い

今後アップデートでBluetooth対応予定

Loupedeck CT本体が8GBの外部ストレージ

薄くて軽量で高級感あるデザイン

Loupedeck CTのデメリット

価格が高い

Loupedeck製品独特のデザインとシステムなので設定・操作が慣れるのに時間がかかる

購入者が少ないので、使用感や困った時のトラブルシューティングの情報が集めにくい

日本語のマニュアルはあるが、読んでもわかりづらい

まとめ

デメリットは価格とマニュアルが少ないことぐらいしかなく、メリットの方が大きいというのが現在の感想です。

Photoshopもクリスタも両方使うことができたので、Loupedeck CTは本当に買ってよかったと思っています。

元々は映像・音楽編集に使う人向けのデバイスですが、イラスト制作だけの用途目的の人でも使えますので是非おすすめしたい製品です。

著者プロフィール
この記事の作者

IT企業勤務勤続6年目。
気になることや生きていくために興味のあることを
不定期で紹介していきます。
ガジェットオタク。

ホイウェインをフォローする
レビュー
ZATU-LIFE

コメント